注目のオンラインカジノ:クイーンカジノ

インターカジノは違法なの?安全?

インターカジノって違法?

日本において最もプレイヤーが多いといっても過言ではないオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」と同じ運営元で歴史が古く信頼性が高いだけではなくウェルカムキャッシュを代表とするボーナスが充実していることから人気急上昇中のオンラインカジノが「インターカジノ」になります。

人気急上昇中のインターカジノですが、日本においてはカジノは違法行為に該当するので、プレイすることを検討した際に「法律に触れるんじゃ?」と心配になる方も多いのではないでしょうか?

最初に結論から書かせていただきます。
日本でインターカジノをプレイすることは違法でもないし合法でもありません。

「違法でもないし合法でもない?意味わからないんだけど・・・一体どういうこと?」
疑問に思いますよね。

どうして違法でもないし合法でもないと言えるのか。
それは日本においてオンラインカジノを取り締まる法律が存在していないからです。
つまり違法なのか合法なのかの判断をつけることができないため、法律のグレーゾーンに該当しています。

日本には昔からある法律で賭博罪というものがあります。
カジノは賭博罪に該当するのでインターカジノ等のオンラインカジノも賭博罪に触れてしまうんじゃないかと思う方もいるかもしれません。

この賭博罪はそもそも運営サイドを検挙することを目的としており、プレイヤーの検挙を目的としていないため、胴元となる運営サイドの摘発なくして賭博罪は成り立つことはありません。

グレーゾーンに該当するオンラインカジノですが、違法にならないのは海外において合法的に運営しているオンラインカジノのみになります。
海外において合法的に運営しているということは政府が発行する許可証(ライセンス)を取得していることに他なりません。

許可証(ライセンス)を取得していない=違法となるので、オンラインカジノをプレイする際は政府からの許可証(ライセンス)を取得しているかを事前に確認するようにしましょう。
認可を受けているオンラインカジノでは公式サイトのトップページの下の方に許可証(ライセンス)のリンクがあることが多いので、そこからチェックすることが可能です。

インターカジノはベラジョンカジノと同じ「Breckenridge Curacao B.V.」によって運営されており、許可証(ライセンス)の中でも信頼性が特に高いと言われているキュラソー政府のものを取得しています。
つまり許可証(ライセンス)を取得している=正式に認可されていることを示しています。

日本国内のサーバーではなくカジノ自体が合法の国から正式に認可を受けているインターカジノを日本の法律で取り締まることはできません。上記した通り運営サイドのインターカジノを検挙することはできないので、インターカジノのプレイヤーを検挙することはまずありえないと言えます。

オンラインカジノをプレイするにあたり注意すべきこと

知らぬ間に違法行為をしていたといった事態に陥るのを避けるために、プレイするオンラインカジノを選ぶにあたり注意すべきことがあります。

注意すべきことは下記の通りです。

  • 許可証(ライセンス)を取得している
  • サイトの置き場所として国外(海外)サーバーを使用している
  • 国内ではなく海外で運営されている

それぞれについて見ていきます。

許可証(ライセンス)を取得している

許可証(ライセンス)を取得しているということは正式に認可を受けていることになるので、合法的に運営していると言えます。許可証(ライセンス)情報はオンラインカジノの公式サイトのトップページの下部から確認できることが多いです。

「許可証(ライセンス)を取得していれば安心なの?どこの許可証(ライセンス)でも問題ないの?」と思うかもしれません。
確かに許可証(ライセンス)によって取得の難易度は異なると言われていますが、合法的に運営しているかどうかを判断するひとつの基準としてみることができます。
中でもインターカジノが取得しているキュラソーの許可証(ライセンス)は信頼性が高いと言われています。

サイトの置き場所として国外(海外)サーバーを使用している

国内のサーバーを利用してオンラインカジノを運営している場合、日本でカジノを運営しているとみなされます。つまり、違法行為に該当します。

現状、カジノを運営することは法律で禁じられているにも関わらず、ギャンブルする場所を提供していると判断されるため違法になります。

国外(海外)サーバーを使用しているオンラインカジノを選んでプレイするようにしてください。

国内ではなく海外で運営されている

海外ではなく国内で運営されているオンラインカジノは違法に該当するのでプレイしないようにしてください。
また、通称「インカジ」と呼ばれるインターネットカジノを利用するのは違法となります。
インカジと混同されがちなオンカジ(オンラインカジノ)ですが、違いは下記の点になります。
念を押すようですが、インカジは違法なので店舗に行ってプレイすると逮捕されるので、絶対に行かないようにしてください。

インカジの特徴

  • 実店舗がある(雑居ビルやマンションの一室等)
  • ネット上でポーカーやスロット等をプレイできる場所を提供
  • 営業許可が下りていない
  • 店内にて換金が可能

実際に店舗に行きインカジをプレイしている時にいわゆる「ガサ入れ」に遭遇したら現行犯逮捕されますが、摘発されたインカジのカメラ映像等を元に後々になって逮捕されるケースもあります。
繁華街を歩いていると、インカジの勧誘を受けることがあるかもしれませんが、興味があったとしてもインカジには決して近付かないようにしましょう。

オンラインカジノをプレイしても絶対に逮捕されない?

現状オンラインカジノを取り締まる法律がないため違法でも合法でもないと上述しましたが、逮捕されることは絶対にないのでしょうか?

実は2016年にオンラインカジノをプレイしたということで3名の逮捕者が出たことがあります。3人の内2人は争うことはせずに罰金刑を受け入れましたが、1人は逮捕に納得いかなかったため、裁判を起こしました。

判決内容によってはオンラインカジノが違法とみなされる可能性はありましたが、結局
不起訴処分となり、罰せられることはありませんでした。検察側が裁判で争ったとしても有罪まで持っていくのは困難だと判断したからでしょう。

不起訴処分になった理由として以下の点が挙げられます。

  • 賭博罪に該当しない(運営を検挙できない)
  • 対象のオンラインカジノは合法
  • オンラインカジノを取り締まる法律自体がない

ただし、違法のオンラインカジノでプレイしていたとしたら逮捕される可能性は出てきます。

上述したポイントに着目し、プレイを検討しているオンラインカジノは許可証(ライセンス)を取得しているか、海外で合法的に運営されているか等の情報を取得し、プレイしても問題ないかを判断した上でアカウント登録するようにしましょう。

インターカジノの信頼性は折り紙付きなので、安心かつ安全にプレイを楽しむことが可能となっています。