わかりやすいギャンボラ(gambola)の出金方法の解説

ギャンボラ(gambola)の出金方法について

ベットすればするほどお得な「ギャンボラプラス」というキャッシュリベートシステムが人気のギャンボラ。
カジノのみならずスポーツブックも楽しむことができることから人気上昇中のオンラインカジノになります。

ギャンボラのスロットやテーブルゲームにベットないし、スポーツブックで勝利を収めた場合に出金申請をすることになります。
ギャンボラの出金申請をする際に把握しておいた方が良い出金方法等について当ページにてご案内させていただきます。

「出金申請したのに出金されない・・・」といった事態を避けるためにも是非参考にしてください。

ギャンボラ(gambola)の出金方法

ギャンボラで出金の際に利用できる電子決済サービスは下記になります。

  • エコペイズ(ecoPayz)
  • ヴィーナスポイント(VenusPoint)
  • マッチベター(MuchBetter)
  • スティックペイ(STICPAY)

今のところ、銀行送金や仮想通貨(ビットコイン等)で出金することはできません。
クレジットカードや銀行送金でギャンボラに入金した場合を除き、資金洗浄といった犯罪を防止するため、入金方法と出金方法は一致させる必要があります。
例えば、エコペイズでギャンボラに入金した場合の出金方法はエコペイズとなります。

入金や出金で電子決済サービスを利用する場合は事前にアカウント(口座)を開設しておく必要があります。

各電子決済サービスの1回の出金限度額は以下の通りです。

  • エコペイズ(ecoPayz)・・・・最低出金額は10ドル、最高出金額は25,000ドル
  • ヴィーナスポイント(VenusPoint)・・・・最低出金額は10ドル、最高出金額は1,000ドル
  • マッチベター(MuchBetter)・・・・最低出金額は10ドル、最高出金額は25,000ドル
  • スティックペイ(STICPAY)・・・・最低出金額は10ドル、最高出金額は25,000ドル

出金手数料はどの電子決済サービスを利用した場合も無料となっています。
複数回に分けて出金申請することで高額を出金することは可能です。

電子決済サービスのスティックペイを出金で利用する際はスティックペイでの入金履歴が必要になります。つまり、クレジットカードや銀行送金でギャンボラに入金した場合の出金方法としてスティックペイは選ぶことができません。

クレジットカードや銀行送金でギャンボラに入金した場合はスティックペイ以外の電子決済サービス(エコペイズ、ヴィーナスポイント、マッチベター)を選ぶようにしてください。

ギャンボラ(gambola)から出金するには

ギャンボラから出金しようと思ったら、入金額と同額をベットする必要があります。
例えば、クレジットカードを利用してギャンボラに500ドル入金した場合は、スロットやテーブルゲーム等のギャンボラのゲームに500ドルをベットすることで出金することが可能となります。

ボーナスを出金することもできますが、ボーナスを出金するには賭け条件を達成しなくてはなりません。
賭け条件を達成するとアカウント内のボーナスがキャッシュに変わり、出金できるようになります。(アカウント詳細からボーナスの賭け状況はチェック可能です)
ボーナスのカウント率(消化率)は以下の通りです。(除外ゲームがあります)

  • スロット・・・・100%
  • テーブルゲーム・・・・10%

ボーナスの賭け条件を早く達成するにはスロットをプレイするのが効率的と言えます。
ギャンボラのボーナスはセカンドチャンス的ボーナスで、キャッシュが無くなったらボーナスが使えるようになります。
ボーナスがアカウント内にある状態でリアルマネーでベットし勝利し出金申請を行なうとボーナスは没収となるのでご注意ください。

ギャンボラ(gambola)からエコペイズで出金する場合

電子決済サービスをギャンボラの出金で利用する際の流れは以下の通りです。

  1. 出金申請を行なう
  2. ギャンボラが出金処理を行ない、指定の電子決済サービス口座へ振込
  3. 電子決済サービス口座に振込された金額を銀行口座へ振込(送金)

このように2段階のプロセスを踏む必要があります。

ほぼ全てのオンラインカジノで利用することができるユーザーが多いエコペイズでギャンボラから出金する場合の手順は下記の通りになります。
出金で利用する電子決済サービスにより、若干手順は違ってきますが、ほぼ同様の手順となります。

  1. ギャンボラにログイン
  2. 左上部のメニューの二本線をタップ
  3. 出金をタップ
  4. 出金額を入力しecoPayzをタップ
  5. アカウントID(10桁の口座番号)にエコペイズの口座番号を入力
  6. 出金をタップ
  7. 「申請中のご出金は只今処理中です。」を確認
  8. ギャンボラアカウントのキャッシュから出金額が引かれているのを確認
  9. 入出金履歴画面で保留(砂時計マーク)からconfirmedに変わったのを確認
  10. エコペイズに着金

ご自身の銀行口座に振込する場合はエコペイズ内で手続きを行ってください。

ギャンボラ(gambola)のアカウント認証

ギャンボラはMGA(Gaming Authority)という厳正なライセンス下で運営しているため、初回の出金時にアカウント認証が必要となります。(登録メールアドレスにアカウント認証を促す旨のメールが届きます)
出金額の大小に関わらずアカウント認証は必要になるので、ギャンボラにアカウント登録をして出金するまでの間に済ませておくとスムーズに出金することが可能となります。

以下の書類がアカウント認証で必要となります。

  • 本人確認書類
  • 住所確認書類
  • 利用決済方法確認書類

本人確認書類

  • 顔写真
  • 氏名
  • 生年月日
  • 発行日
  • 有効期限

本人確認書類は上記の5点を確認できる公的な書類が必要になります。
下記の中からどれかひとつが必要となります。

  • (両面)運転免許証
  • (両面)写真付住民基本台帳カード
  • パスポート(写真付ページ)
  • (両面)マイナンバーカード
  • (両面)特別永住者証明書、在留カード(両面)、外国人登録証明書(両面)

撮影する際は書類の四隅が入った状態で書類全体がしっかりと写るように撮影するように心掛けてください。

住所確認書類

提出した本人確認書類で住所の確認ができない場合に住所確認書類の提出が必要となります。但し、パスポートは住所確認書類として認められていません。
認められている住所確認書類は下記になります。

  • 住民票
  • 水道電気ガスインターネットWifiケーブルテレビのいずれかの公共料金請求書
  • 銀行取引明細書
  • クレジットカード利用明細書

携帯電話料金請求書は住所確認書類として認められていません。
本人確認書類と同様に四隅が入った状態で書類全体が確認できるように撮影してください。

利用決済方法確認書類

入出金に利用した決済方法に関しての画像が必要となります。

クレジットカードの場合

クレジットカードの両面の画像が必要となります。

  • 表面・・・・名前、カード番号(最初の6ケタと最後の4ケタ)有効期限
  • 裏面・・・・カード名義人(署名部分)

表面のカード番号の必要のない箇所は付箋等で隠して撮影するようにしてください。
9876 54×× ×××× 3210の場合、×の部分を隠してください。
また、裏面のCVV(セキュリティコード)も同様に付箋等で隠してください。
なお署名の無いクレジットカードは無効となるのでご注意ください。

電子決済サービスの場合

  • エコペイズ(ecoPayz)・・・・氏名とアカウント番号を確認することができるトップページのURLを含むスクショ
  • ヴィーナスポイント(VenusPoint)・・・・氏名とアカウント番号を確認することができるトップページのURLを含むスクショ
  • マッチベター(MuchBetter)・・・・氏名とメールアドレスを確認することができるページのURLを含むスクショ
  • スティックペイ(STICPAY)・・・・メールアドレスを確認することができるページのURLを含むスクショ

銀行振込の場合

銀行振込の場合は下記の情報が必要となります。

  • 口座名義人や口座番号が記載されたページ
  • ギャンボラへの振込明細が確認できるページ

これらのスクショを提出するようにしてください。

アカウント認証において不明な点等がある場合はギャンボラサポートに問い合わせをするようにしましょう。

ギャンボラのライブチャットは年中無休で365日対応可能ですが、営業開始時刻は夕方からなので若干遅めとなっています。

  • サマータイム営業時間・・・・17時30分から翌1時30分
  • サマータイム以外の営業時間・・・・16時30分から翌0時30分

尚、メールでの問い合わせも可能となっています。