わかりやすいウィリアムヒルの出金方法の解説

ウィリアムヒルの出金方法について

ウィリアムヒルはライブカジノやテーブルゲーム、スロット等々、様々なゲームをプレイすることができますが、何といっても人気なのはスポーツベットになります。

サッカーや野球等にスポーツベットして勝利金を得ることができた場合に次のプロセスは出金になります。コチラのページではウィリアムヒルで利用可能な出金方法についてご案内していきます。

ウィリアムヒルで現在利用できる出金方法は以下の通りです。

  • エコペイズ(ecoPayz)
  • マッチベター(MuchBetter)

出金方法は入金方法と一致していなければなりませんが、エコペイズ、マッチベターのどちらかで入金をしていれば出金申請時に自動的に入金方法と同じ方法が選ばれるようになっています。

成功率が低いためクレジットカード(MasterCard)で入金できるケースは少ないですが、クレジットカードで入金した場合はクレジットカードに出金することができないので、ウィリアムヒルのサポートにエコペイズでの出金に変更を依頼する必要が出てきます。

エコペイズ(ecoPayz)

エコペイズの最小出金額は750円、10ドル、5ユーロ、5ポンドで最高出金額は4,000万円、150,000ドル、99,000ユーロ、99,000ポンドとなっています。出金手数料は無料です。但しエコペイズから銀行への振り込みは1%掛かります(最低で1,800円)

エコペイズで出金する場合、1週間につき1回に限定されますがキャッシュバックボーナス(最大15ドル)をゲットすることができます。
前回の出金からスポーツベットで最低でも500ドル、カジノ、ライブカジノ、ポーカー等のベットで最低でも1,500ドル行なったプレイヤーが出金方法でエコペイズを選択した場合にキャッシュバックされ、毎週金曜日に振込されます。

  • 150ドルから200ドルを出金・・・・5ドルキャッシュバック
  • 201ドルから400ドルを出金・・・・10ドルキャッシュバック
  • 401ドル以上を出金・・・・15ドルキャッシュバック

上記のキャッシュバック内容となっています。
キャッシュバックなので賭け条件はありません。

※内容が変更することがあるので詳細はウィリアムヒルのプロモーションページをご覧ください。

エコペイズの出金手順は下記の通りです。

  1. ウィリアムヒルにログイン
  2. マイアカウントメニュー内のお引出しを選択
  3. 出金したい金額を入力しお引出しをクリック
  4. 出金額、出金先が合っているかをチェックしお引出しをクリック
  5. 出金申請完了

出金申請が完了すると取引IDが表示されるので、出金処理について何か問い合わせが必要な時はサポートに取引IDを伝えるようにしましょう。

本人確認(KYC→KnowYourCustomerの頭文字)を済ませていない場合は、メッセージが表示され、出金したい金額を入力することができないケースがあります。

マッチベター(MuchBetter)

マッチベターの最小出金額は1,000円、10ドル、10ユーロ、10ポンドで最高出金額は100万円、10,000ドル、10,000ユーロ、10,000ポンドとなっています。出金手数料は無料です。但し為替手数料が発生します。

マッチベターの出金手順は以下の通りです。

  1. ウィリアムヒルにログイン
  2. マイアカウントメニュー内のお引出しを選択
  3. 出金したい金額を入力しお引出しをクリック
  4. 出金額、出金先が合っているかをチェックしお引出し処理を続けるをクリック
  5. 出金申請完了

出金申請が完了すると取引IDが表示されるので、出金処理について何か問い合わせが必要な時はサポートに取引IDを伝えるようにしましょう。

出金時に必要になることがある本人確認(KYC)

初めて出金する場合、本人確認(KYC)が必要になるケースがあります。
本人確認が必要となる一般的な理由は以下の通りです。

  • 入金方法とは違う方法で出金申請をした場合
  • 大金を出金申請した場合
  • 本人名義ではないクレジットカードを利用した場合
  • 一定期間アカウントが利用されていない場合

本人確認で必要になる書類は下記の通りです。

  • 使用したクレジットカードの表裏のコピー、電子決済サービス口座の証明となるもの
  • パスポートや運転免許証等の写真付き身分証明書
  • 6ヶ月以内に発行された現住所が確認できる書類(クレジットカードの明細書等)

スマートフォンのカメラやデジタルカメラで撮影した画像を添付して送信すればOKです。

クレジットカードの表面はカード番号の最初の6ケタと最後の4ケタが確認できれば問題ないので他の数字は隠して撮影するようにしてください。また裏面は署名の確認が必要になるので、3ケタのセキュリティコード(CVV)は隠して撮影してください。

提出する書類で不明な点等がある方はサポートに問い合わせするといいでしょう。